弁護士法人 古川・片田総合法律事務所

大阪・京都の弁護士法人 古川・片田総合法律事務所

お問い合わせは 0120-86-3410 大阪 事務所 三条河原町 事務所
  らくさい桂 事務所
お客様にとって最良の解決方法を、自信を持ってご提案いたします。私たちにおまかせください。お役に立ちます。

弁護士紹介解決までの流れ弁護士費用よくあるご質問お問い合わせ事務所案内

お問い合わせは 0120-86-3410
 

メインメニュー

お問い合わせは 0120-86-3410
 

取扱い分野一覧

お問い合わせは 0120-86-3410
 

サイト内検索


 
HOME»  取扱い分野一覧»  労災・過労死

労災・過労死

当事務所では、弁護士 古川 拓を中心に、過労死過労自殺の問題をはじめとする各種労災事件について、専門的に取り組んでおります。

 

過労死・過労自殺

 

死亡・後遺障害など

   

労災事故

 

工事現場や建設現場など、職場での労災事故

   

損害賠償請求

 

上記の事件についての、会社などの雇い主や元請事業者などに対する損害賠償請求

   

特別加入労災 

 

「一人親方」などの問題 

   

通勤災害 

 

通勤途中に起こった事故・ケガなど

   

公務災害 

 

地方公務員や国家公務員の労災である公務災害(民間の労災とは若干手続きが異なります。)

   

熱中症

 

職場での熱中症

   

アスベスト

 

アスベスト問題

   

⑨その他、労災事件全般



過労死過労自殺、あるいは、工事現場や建設現場などでの労災事故を含む労災事件は、他の一般的な労働問題と比べて、特殊な分野です。

そのため、労災請求(労災申請)や損害賠償請求を行うにあたり、弁護士が特殊で専門的な知識や理解を有していることが決定的に重要です。

いずれの事件も、労災認定を受けると、国から治療費や休業補償、後遺障害や遺族に対する年金や一時金などを受けることができます。

また、会社などの雇い主や元請事業者などに義務違反があれば、損害賠償請求を行うことができる場合があります。

労災事件は、早期にご相談いただき、事件の見通しを正しくつかみ、調査や立証を行うことが大切です。

証拠がなくても、すぐにあきらめる必要はありません。

当事務所では、証拠の収集や立証方法について高い専門性と工夫を追求しており、証拠が全くない状態からスタートし、労災認定や補償を勝ち取ったケースもまったく珍しくありません。

お問い合わせ

お客様にとって最良の解決方法を、自信を持ってご提案いたします。
私たちにおまかせください。お役に立ちます。

右記フリーダイヤルにて、当事務所までお問い合わせください。

【営業時間】 平日 9:00~18:00
※土日祝・営業時間外も、必要に応じて対応いたします。
お問い合わせ 問題解決の第一歩です。まずはお問い合わせください。